検索
  • akihikosano

誤嚥性肺炎の予防

こんにちは大宮デンタルクリニックです。最近、摂食嚥下評価の依頼が増えておりやはりニーズは沢山あるのだなと実感しております、普通に食べれていると全然気にならないと思いますが、お口の筋肉の衰えや嚥下機能の筋肉や反射の衰えで本来食道に流れている食べ物が気管の方に流れてしまい誤嚥性肺炎を起こしてしまう高齢者が多くなっています。

お口で食べれない方の回復はかなり難しいですが、早めに介入することで機能維持をすることが出来て食形態を維持することが出来ますので


・最近むせやすくなった

・うまく飲み込みが出来ない

・よく発熱をする

・食後に痰が絡む


などの症状がある方は早めに嚥下機能の検査をオススメします。

もちろんお口の中を綺麗に保つことも重要です。


7回の閲覧