検索
  • akihikosano

詰め物が取れやすい人と取れにくい人の違い

最終更新: 2019年10月5日

こんにちは大宮デンタルクリニックです。

今回の詰め物が良く取れてしまう人と取れにくい人の違いです、小さい虫歯の場合は白い樹脂を詰める治療や部分的な金属またはセラミックで治すケースが多いです。同じように丁寧に虫歯をとって出来るだけ隙間なく処置しても1年くらいですぐに取れてします人がいらっしゃいます。それは何故か?もちろん我々歯科医師の診断技量不足もありますが、噛み合わせによる問題が多いです。歯ぎしりなどで横にかかる力が離脱力となって力がかかったり、歯が削れてギャップが出来てしまったり、というような作用が重なり取れやすくなってしまいます(特に歯が大きくギザギザに摩耗している人は要注意)


その場合は保持溝といって取れにくくするための溝や穴を削って対応するのですが、神経の残っている歯だとあまり深くは削れませんし、神経を取った歯でもそこから破折というリスクを背負わなければならないので対応が厄介です。

もしそういったケースですぐ取れる経験のある方は夜間に装着するマウスピースをお勧めしています。おそらく夜間に無意識にやっているだろう歯ぎしりや食いしばりの力を軽減して歯が削れるのを防止してくれます、つけるのは面倒ですが心当たりのある方は是非早めの対応を。



0回の閲覧