設備紹介
​デジタルX線 パノーラ

お口の中全体を撮影するデジタルレントゲン

従来のレントゲンよりも少ない放射線量での撮影が可能です。

デンタルレントゲン

小さいフィルムを使って細かい歯の状態を撮影する

レントゲン装置です。

デジタルの為、従来のレントゲンよりも

少ない放射線量での撮影が可能です。

口腔内カメラ

DenyalXmirrorという機械を使用しています。

iPadに接続してお口の中の状態を画像で確認する事が

​出来ます。

拡大鏡

通常の3倍の視野でお口の中を観察出来ます。
目に見えにくい亀裂なども発見出来ます。

電動麻酔器 オーラスター

麻酔の注入速度を機械が自動的に調整することにより

​手動で麻酔薬を注入するよりも疼痛を抑えることが出来ます

酸素ボンベ

患者さまが万が一気分が悪くなってしまった場合に

酸素を吸入することが出来ます。

​オートクレープ(切削器具専用の滅菌器) 

タービン、エンジンなどの歯を削る機械専用の滅菌器になります。

​短時間で滅菌が終わるので患者さんごとの交換が可能になります。

電気メス

歯茎の切除で活躍します。
止血効果があります。